ホーム » 治療内容 » 快適な入れ歯

本八幡の審美歯科│セラミック インプラント 矯正 ホワイトニング 日曜診療

快適な入れ歯

話しやすくて丈夫な入れ歯 金属床義歯(コバルトクロム・チタン)

喉をおおう部分や舌にふれる部分に、プラスチックではなく金属を用いることで、薄くて快適な入れ歯を作ることができます。金属を用いることで強度的にも優れ、長持ちする入れ歯になります。

一般的な保険の入れ歯に用いるプラスチックの厚みは2mm位ですが、金属を用いた場合には0.5mm位にすることが可能です。

たった数mmの差ですが、口の中は髪の毛1本の太さが分かる非常に敏感なところ。薄い入れ歯は、食べやすく話しやすくするため、生活を非常に快適にしてくれます。

金属を用いた総入れ歯

のどの部分が非常に薄いので、会話や食事が快適になります。また割れにくくなるのでよく入れ歯が壊れてしまう人には最適です。

フォレスト歯科 金属床義歯(コバルトクロム・チタン) フォレスト歯科 金属床義歯(コバルトクロム・チタン)

見た目に分からない入れ歯 バネなし入れ歯

保険の入れ歯の場合には金属のばねを利用しますが、残念ながら白い歯に金属のばね引っ掛けるので、目立ってしまい他の人に入れ歯と分かってしまいます。

金属のばねの代わりに、ナイロンを主成分とした材料を使用することで、見た目に分からない入れ歯を作ることが可能です。

アタッチメント義歯

入れ歯にバネを埋め込むことで、見た目が入れ歯と分からなくなるように治しました。

フォレスト歯科 アタッチメント義歯フォレスト歯科 アタッチメント義歯

ノンクラスプデンチャー

下前歯の部分をバネなし入れ歯にて治しました。

フォレスト歯科 アタッチメント義歯フォレスト歯科 アタッチメント義歯

痛くない入れ歯 シリコンデンチャー

コンフォート入れ歯のプラスチックや金属が歯ぐきや骨に当たって痛い場合、生体シリコンを用いて入れ歯を作製することで、柔らかく痛くない入れ歯が出来ます。

欠点としては、従来の薄い入れ歯に比べ厚みが増えるので、違和感が増します。

本八幡の審美歯科│セラミック インプラント 矯正 ホワイトニング 日曜診療電話番号:お問い合わせ