ホーム » 治療内容 » 当院の技工物のでき方

本八幡の審美歯科│セラミック インプラント 矯正 ホワイトニング 日曜診療

当院の技工物のでき方

医院内での作業

1.型どりする材料の粉と水をまぜます。

フォレスト歯科技工物 自動練和機を使うことで材料の練りムラを防ぎます。

一般的には、手で混ぜる医院が多いですが、
精密な型取りのためには不可欠な機械です。

2.型取り

フォレスト歯科技工物 気持ち悪くなる方には、ツボをおすことで不快感を
軽減させる事ができます。

3.シェードテイク(色見合わせ)

  フォレスト歯科技工物 自費診療の場合には、歯科技工士が実際に拝見して、色を記録します。

4.石膏の練和

フォレスト歯科技工物 真空練和機にて石膏を練和します。

精密な模型を作るためには必要不可欠な機械ですが、
患者さんには分かりにくい地味な機械なので、多くの医院では
導入されていません。

 



歯科技工所での作業

1.石膏にて模型作り
フォレスト歯科技工物

2.蝋(ろう)にて歯形作り
フォレスト歯科技工物


3.蝋を金属に置き換える準備(鋳型作り)
フォレスト歯科技工物 フォレスト歯科技工物

4.蝋を高温の炉で溶かします
フォレスト歯科技工物


5.蝋が溶けた段階で金属を溶かします
フォレスト歯科技工物 フォレスト歯科技工物

6.冷ますと中から金属の歯が出てきます
フォレスト歯科技工物


7.形態を修正して完成です
フォレスト歯科技工物

本八幡の審美歯科│セラミック インプラント 矯正 ホワイトニング 日曜診療電話番号:お問い合わせ